2011年4月アーカイブ

| コメント(0) | トラックバック(0)   このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

ここへの書き込み久しぶりすぎて、書き込みパスワード忘れかけてた(汗)

...さて、
ColorWorksもマトモに活動を始めてから11年を超え、
当初の開発PCのOSはWindows98だったことに今更ながら驚いています。
今のはWindowsXPですが、このマシンも10年近く働いてくれているので、
さすがに最近は動きが緩慢となっています。

そろそろ新しいPCに乗り換えたいのですが、
そうなると気になる点が1つ。
新しいPCでの開発環境。

C言語でスクラッチ開発したプログラムなら
新環境でリコンパイルすれば動く(と思う)のですが、
やれランタイムだのVMだの、何らかの基盤の上で動かすプログラムは、
動作させるPC、すなわち遊ぶ側のPCに、そのランタイムやVMが必要となります。
開発したプログラムと共にそれらを配布することは可能ですが、
個人的には、あまりやりたくありません。
すでにそのPCにインストールされているかもしれない基盤と競合すると
こちらのプログラムが動作しないどころか、
最悪、既存の他のプログラムに影響を与えかねないので。

ColorWorksで配布しているソフトを動作させる際、ランタイムやVMは不要です。
ですが、最近の著名な開発環境(いわゆるMS系やOracle系)で開発したソフトは、
ランタイムやVMの上で動作させることが前提になっているので、
今後PCを乗り換えた場合、従来のようにはいかないかもしれない、
ということが心配のタネです。

かといって、一応プログラム担当としてのプライドもあるので、
例えランタイムが要らないとしても、
ゲーム作成支援ツール等で開発する気はありません。

まぁそれ以前に、新しいソフトなんぞ殆ど出していないだろうと
言われてしまえばそれまでなのですが...。