2012年8月アーカイブ

C82お疲れさまでした

| コメント(0) | トラックバック(0)   このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

第82回コミックマーケットに参加された皆様、お疲れさまでした。
また私どものブースまでお越し頂いた方々、ありがとうございました。
惨憺たる結果につきましては既にLafie氏が書いていますので省略...。
この次はモアベターよ、と胸を張って言えるようになりますので。


この夏は2回も風邪をひきました。
一度目は喉と胃腸に特に症状が出て、二度目は胃腸と関節に出ました。
おまけに中々治らない、と非常に困ったちゃんです。

皆さんも、くれぐれも体調管理には留意して下さい。
関東は明日も暑いよー!

ソフトバンク携帯機種変更時の本体価格

| コメント(3) | トラックバック(0)   このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

昨日に続いて今日も苦言を書くのに嫌気が差すのだが、
ソフトバンク利用者の皆様にも有益な情報となるかもしれないので、
ここに記載することにする。

本題だけ先に書こう。
---------------------------------------
・同じ端末であっても、端末本体価格は代理店によって異なる。(だからカタログにも価格は書かれていない)
・機種変更の際、代理店で手続きを行う場合、
 目当ての機種が決まっていれば、まずオンラインショップで価格を調べてから代理店でその端末の価格を確認する。
 代理店の方が高ければ、その差額が何によるものかを納得がいくまで確認してから手続をするか、
 オンラインショップで機種変更する方が無難。
---------------------------------------
以下はこれが分かった経緯を苦言たっぷりに書くだけなので、
ソフトバンク崇拝者や興味のない方はスルーしてください。


今日、携帯電話の機種変更を行った。
購入した機種は、105SH(Pantone4)であり、
機種代金は分割払いではなく新スーパーボーナス一括払いで購入した。

購入の際、代理店の店員は次のように説明した。
・本体価格は33,870円です。
・その中で、3,150円は本日お支払いいただきます。
・残額は、一括払いでも24回の分割払いでも承ります。

自分は一括払いを選択したため、33,870円を店頭で支払って新機種を受け取り、帰宅した。
(貯まっていたポイントの使用や、オプションの「あんしん保証パック」で費用割引が適用されたため、
 実際に支払った金額はこれより若干少ない)

で、ふと気が付いてソフトバンクのオンラインショップを見たところ、
この機種の本体価格は30,720円と記載されている。
先程購入した金額より3,150円安い(つまり、私が購入した代金の方が高い)ため、
腑に落ちなくなり、157(サポートセンター)へ電話して確認した。

サポートセンターに状況を話したところ、先程購入した代理店から回答させるとのこと。
電話を切って約10分後、代理店から電話がかかってきた。
店員の話をまとめると、次のとおりであった。
・3,150円は頭金です。
・本体価格は、代理店ごとに自由に決定することができます。
・一般的に、どのようなものであっても、オンラインショップの方が価格は安いですよね?

同じ端末の価格が店舗によって異なるとは何事だ?
そもそも、割賦(分割払い)でもないのに頭金とは何だ!?
オンラインショップの方が安い傾向があったとしても、
それで代理店に価格を上乗せできる説明にはならないだろう。
意味が分からん。

食って掛かったところ、店員は
「他の者に変わりますが、現在接客中ですので、終わり次第連絡します」
と言い、電話を切った。

約1時間後、再度電話がかかってきたが、電話をしてきたのは
「他の者」ではなく先程の店員。
君、自分がさっき何て言ったか覚えてる?

さらに先程と同じ説明を繰り返すので、話にならないから店長に電話を替わらせる。
店長らしき人物(こちらは確認しようがないので、「らしき」としか書きようがない)曰く、
・ここで「頭金」とは、支払方法を問わず、代理店にお支払いいただく費用のことです。
・「頭金」は代理店によって異なるため、0円のところもあれば、5,250円のところもあります。

最初から代理店のマージンだといえば、それだけで納得するのに、あくまで認めないようだ。
(もちろん最初にそういった説明があれば、その店では購入しないのだが)

これ以上話をしても無駄なので、再度サポートセンターへ電話して、質問する。
「端末代金が代理店によって異なることは、本社として認めていることですか?」

電話に出たサポートスタッフは、
「一括払いの場合、端末費用は一律です。代理店によって費用が変わることはありません」
と回答し、事実関係を確認したのち改めて電話するとのこと。

約1時間後、サポートセンターから電話。(このあたりでいい加減疲れてきた)
スタッフ曰く、
・端末代金は一律です。
・ただし、代理店によってはキャンペーンなどを行うことがあるため、
 それにかかる費用を端末代金に上乗せすることがあります。
・よって、結果として端末代金がオンラインショップより高額となることがありますが、
 本社としてはそれをやむを得ないものとしています。

機種変更は、新規契約と違って本社からのインセンティブが少ない(もしくは、ない)ことから
こういった運用がなされていると思われるが、
そもそも新規契約時と機種変更時の端末価格が異なるから、その説明も厳しいと思う。

まだ納得できないので、さらに説明を求めたところ、
「お客様の最終目的は何ですか?」
だとさ。

理にかなった説明をしろと言っているだけなのに、クレーマー扱いされているようだ。
ここは「世界征服」だとか「御社の滅亡」とか言った方がよかっただろうか。

これ以上納得のいく話を得られなかったので、
(利用者側には何もメリットがないが)そういうシステムなんだと諦めて、電話を切った。

しかしサポートセンターですらこんな対応していたら、ソフトバンクが競合他社に抜かれるのも時間の問題だろうな。

夏コミ(C82)結果

| コメント(0) | トラックバック(0)   このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

夏コミに参加された皆様お疲れ様でした。

今回、我々は新作を持っていかなかったため、結果は散々なものでした。
どの作品もかなり昔のものであるため、
多分1部も売れないだろうと想定していましたが、
蓋を開けてみると、売れないどころか手にも取ってもらえませんでした。

まぁ、事前告知もなければポップの一つも用意しなかったので
当たり前といえば当たり前ですが。

想定していた範囲とはいえ、あまりに酷い結果であったため、
わざわざこんなことをブログに書く必要はないとは思いましたが、
自らへの戒めとして、書き残しておくことにします。

夏コミ(C82)出品物

| コメント(0) | トラックバック(0)   このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

今度の夏コミはC80ではなくC82でした。
Web拍手でご指摘いただき、間違いに気づきました。
(過去のブログ記事やトップページは慌てて修正しました)

で、お待ちかねの(待ってない?)出品物ですが、
今回は再販のみとさせていただきます。あしからず。

再販だけなので、告知のページも作りません。
この記事にて代えさせていただきますm(__)m

当日は午後1時には撤収しますので、
ご用件のある方がいらっしゃいましたら、お早めにお越しくださいませ。

ウィンドウサイズを固定する

| コメント(0) | トラックバック(0)   このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

続いて、ウィンドウサイズを固定することを考える。

前回の「設定」と今回の「固定」はどう違うかというと、
ここで「固定」とは、一度決めたサイズはユーザーが変更できないようにするということである。

前回作成したウィンドウだが、
ウィンドウエッジにマウスカーソルを持っていけば、マウスカーソルの形が変わって
ウィンドウサイズを自由に変更できるようになっている。
これでは、せっかく設定したウィンドウサイズも意味がない。

手っ取り早くウィンドウサイズを固定するには、
CreateWindow関数の第3引数から、WS_THICKFRAMEの値を引けばよい。
現在のプログラムは、WS_OVERLAPPEDWINDOWなので、
ここからWS_THICKFRAMEの値を引くには、

WS_OVERLAPPEDWINDOW & ~WS_THICKFRAME

とする。(ビット演算なので、単なる引き算ではダメ)

ついでに、ウィンドウの最大化も封印(使用不可)としよう。
この場合は、同じようにWS_MAXIMIZEBOXを引けばよい。

よって、プログラムのCreateWindow関数の呼び出しは、次のようになる。

hWnd = CreateWindow(szClassName, lpCmdLine,
                    WS_OVERLAPPEDWINDOW & ~WS_THICKFRAME & ~WS_MAXIMIZEBOX,
                    CW_USEDEFAULT, CW_USEDEFAULT, 320, 240, NULL, NULL, hInstance, NULL);

ちなみに、winuser.hでWS_OVERLAPPEDWINDOWの定義を見てみると、

#define WS_OVERLAPPEDWINDOW (WS_OVERLAPPED | WS_CAPTION | WS_SYSMENU
                           | WS_THICKFRAME | WS_MINIMIZEBOX | WS_MAXIMIZEBOX)

となっている。
WS_OVERLAPPEDWINDOWがそもそも、他の値を組み合わせて作られたもののようだ。