雑記の最近のブログ記事

ソフトバンク携帯機種変更時の本体価格

| コメント(3) | トラックバック(0)   このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

昨日に続いて今日も苦言を書くのに嫌気が差すのだが、
ソフトバンク利用者の皆様にも有益な情報となるかもしれないので、
ここに記載することにする。

本題だけ先に書こう。
---------------------------------------
・同じ端末であっても、端末本体価格は代理店によって異なる。(だからカタログにも価格は書かれていない)
・機種変更の際、代理店で手続きを行う場合、
 目当ての機種が決まっていれば、まずオンラインショップで価格を調べてから代理店でその端末の価格を確認する。
 代理店の方が高ければ、その差額が何によるものかを納得がいくまで確認してから手続をするか、
 オンラインショップで機種変更する方が無難。
---------------------------------------
以下はこれが分かった経緯を苦言たっぷりに書くだけなので、
ソフトバンク崇拝者や興味のない方はスルーしてください。


今日、携帯電話の機種変更を行った。
購入した機種は、105SH(Pantone4)であり、
機種代金は分割払いではなく新スーパーボーナス一括払いで購入した。

購入の際、代理店の店員は次のように説明した。
・本体価格は33,870円です。
・その中で、3,150円は本日お支払いいただきます。
・残額は、一括払いでも24回の分割払いでも承ります。

自分は一括払いを選択したため、33,870円を店頭で支払って新機種を受け取り、帰宅した。
(貯まっていたポイントの使用や、オプションの「あんしん保証パック」で費用割引が適用されたため、
 実際に支払った金額はこれより若干少ない)

で、ふと気が付いてソフトバンクのオンラインショップを見たところ、
この機種の本体価格は30,720円と記載されている。
先程購入した金額より3,150円安い(つまり、私が購入した代金の方が高い)ため、
腑に落ちなくなり、157(サポートセンター)へ電話して確認した。

サポートセンターに状況を話したところ、先程購入した代理店から回答させるとのこと。
電話を切って約10分後、代理店から電話がかかってきた。
店員の話をまとめると、次のとおりであった。
・3,150円は頭金です。
・本体価格は、代理店ごとに自由に決定することができます。
・一般的に、どのようなものであっても、オンラインショップの方が価格は安いですよね?

同じ端末の価格が店舗によって異なるとは何事だ?
そもそも、割賦(分割払い)でもないのに頭金とは何だ!?
オンラインショップの方が安い傾向があったとしても、
それで代理店に価格を上乗せできる説明にはならないだろう。
意味が分からん。

食って掛かったところ、店員は
「他の者に変わりますが、現在接客中ですので、終わり次第連絡します」
と言い、電話を切った。

約1時間後、再度電話がかかってきたが、電話をしてきたのは
「他の者」ではなく先程の店員。
君、自分がさっき何て言ったか覚えてる?

さらに先程と同じ説明を繰り返すので、話にならないから店長に電話を替わらせる。
店長らしき人物(こちらは確認しようがないので、「らしき」としか書きようがない)曰く、
・ここで「頭金」とは、支払方法を問わず、代理店にお支払いいただく費用のことです。
・「頭金」は代理店によって異なるため、0円のところもあれば、5,250円のところもあります。

最初から代理店のマージンだといえば、それだけで納得するのに、あくまで認めないようだ。
(もちろん最初にそういった説明があれば、その店では購入しないのだが)

これ以上話をしても無駄なので、再度サポートセンターへ電話して、質問する。
「端末代金が代理店によって異なることは、本社として認めていることですか?」

電話に出たサポートスタッフは、
「一括払いの場合、端末費用は一律です。代理店によって費用が変わることはありません」
と回答し、事実関係を確認したのち改めて電話するとのこと。

約1時間後、サポートセンターから電話。(このあたりでいい加減疲れてきた)
スタッフ曰く、
・端末代金は一律です。
・ただし、代理店によってはキャンペーンなどを行うことがあるため、
 それにかかる費用を端末代金に上乗せすることがあります。
・よって、結果として端末代金がオンラインショップより高額となることがありますが、
 本社としてはそれをやむを得ないものとしています。

機種変更は、新規契約と違って本社からのインセンティブが少ない(もしくは、ない)ことから
こういった運用がなされていると思われるが、
そもそも新規契約時と機種変更時の端末価格が異なるから、その説明も厳しいと思う。

まだ納得できないので、さらに説明を求めたところ、
「お客様の最終目的は何ですか?」
だとさ。

理にかなった説明をしろと言っているだけなのに、クレーマー扱いされているようだ。
ここは「世界征服」だとか「御社の滅亡」とか言った方がよかっただろうか。

これ以上納得のいく話を得られなかったので、
(利用者側には何もメリットがないが)そういうシステムなんだと諦めて、電話を切った。

しかしサポートセンターですらこんな対応していたら、ソフトバンクが競合他社に抜かれるのも時間の問題だろうな。

AmazonのWebサイトが表示されない

| コメント(0) | トラックバック(0)   このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

またまたプログラミングと関係のない話で恐縮だが、
先日からAmazonのWebサイトがブラウザで表示されないことがあった。
(「このページはInternet Explorerで表示できません」と表示される)
厄介なことに、必ず表示されないわけではなく、まれにちゃんと表示されることもある。

こういう場合の対処法としては、
・ブラウザのキャッシュや履歴を消す
・不要なアドオンを無効にする
・ブラウザの設定をリセットする
・他のブラウザで表示してみる
・互換表示で表示してみる
などなど、一通りやってみたのだが効果なし。

他のWebサイトは正しく表示されるので、
AmazonのWebサイト側に問題があるか、
一時的にトラフィックが混雑しているのだろうと、静観していたのだが...。

今日、ようやく原因が分かった。

自宅の有線LANルーター(バッファロー製BBR-4HG)に問題があるようだ。

しかしながら、しばらく前までAmazonのWebサイトを正しく表示できていたので、
突然ルーターに問題が発生したとは考えづらい。
おそらく、Amazon側で何かネットワーク関連の仕組みが変わり、
それにルーターが追随できていなかったのであろう。

ルーターのファームウェアを最新版に更新したら、あっさりと表示されるようになった。

登山

| コメント(0) | トラックバック(0)   このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

およそ3年ぶりに登山してきました。
もちろん名古屋にある喫茶店の方です。

かれこれ10回目近い登山なので、
大抵のメニューでは驚かなくなりました。

というわけで、過去体験したことのないメニューに挑戦。

きしめん風チョコスパ
きしめん風チョコスパ
平日限定だそうです。
マウンテン特有の油っぽさがないので食べやすいメニューでした。
もちろん甘いので、普通のきしめんとは似ても似つかぬ味です。


あまりに無難に登頂できそうだったので、危険を冒してみることに。
名前からはどんなメニューか全く想像がつかない「マエストロ」を注文。
マエストロ
うわぁ...。

パンケーキでハンバーグとチーズを挟んであるのだけど
その隙間とパンケーキの上に、これでもかというほど
辛いソース(たぶんチリソース)が塗られている。
おまけに、とどめと言わんばかりに唐辛子が5本差してある。

辛い。パンケーキやハンバーグの味なんかわかりゃしない。

身体が受け付けなくなる前に、水と一緒に流し込むことで何とか登頂成功。
甘口メニューと並行して食べればよかったかも。

SyntaxHighlighter導入

| コメント(0) | トラックバック(0)   このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

そのうちソースコードを掲載することもあるだろうから、
その際、見栄えがよくなるようにSyntaxHighlighterを導入。
最初はMovable Typeのプラグインかと思っていたけど、ブログ以外にも導入できそうなので、
プラグインというよりライブラリという方が合っているかも。

使うとこんな感じ。

<C++の場合>

#include <stdio.h>
 
int main()
{
    printf("Hello World!\n");
}

<Javaの場合>

import java.util.*;
 
public class Sample {
 
    public static void main(String[] args)
    {
        System.out.println("Hello World!");
    }
}

※見栄え確認のため、使用していないjava.utilパッケージを敢えてインポートしています。

一見、ちゃんと動作しているように見えるが、
これだけ表示させるのに結構ハマった。

使い方としては、ソースコードをpreタグで括ればよいだけなのだが、
Movable Typeの仕様なのか、記事作成時に「空行を変換」フォーマットを用いると、
ソースコードの装飾内に改行タグが表示されてしまう。

<こんな感じ>

import java.util.*;

public class Sample {

public static void main(String[] args)
{
System.out.println("Hello World!");
}
}

方々のサイトを見て回った結果、preタグ内では次のルール(?)が必要らしいことが判明。
・&,<,>はエスケープすること(&→&amp;, <→&lt;, >→&gt;)
・改行コードを2回連続で入れてはいけない。

特に後者が困った。
XMLならまだしも、C++やJavaでは、ソースコード内に空行を入れることは
見栄え上よくあるから。

回避策としては、何とも情けないものだが、
「空行を作らない(半角スペースなど、一見分からない文字を入れて誤魔化す)」
くらいか。

「空行を変換」フォーマットを使用せず、プレーンテキストで頑張ってタグを書くという方法もあるが、
これはあまりにタルい。

ソーシャルボタン設置

| コメント(0) | トラックバック(0)   このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

次のソーシャルボタンを設置しました。

・Facebook
・Google +1
・はてなブックマーク
・Twitter

mixiのボタンは、登録が必要(しかも個人情報まで入力させられる)のでパス。
各記事に対してボタンが表示されるようにしてみたのですが、
トップページで記事一覧が表示されると、結構ボタンの表示が多くてウザいですねorz

何よりも、

今更ブログ

| コメント(0) | トラックバック(0)   このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

やれTwitterだのFacebookだのと
ソーシャルネットワーク全盛なこのタイミングで
今更ながらスタッフ日誌をブログ化しました。

しばらくはいろいろいじくります。
テンプレート変えたり、いろいろカスタマイズしたいので。

従前のスタッフ日誌の内容はこちらに移行しました。
タイトルをつける仕組みを設けていなかったので、移行した記事のタイトルは空です。

| コメント(0) | トラックバック(0)   このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

とか書いてからもう一ヶ月半以上経過しているとか、まさに年末。
気忙しいったらありゃしませんね。

そんなわけで明日はコミケ本番。
持参するのは少しだけ話の進んだ『あかほし』体験版と
旧作をちょろちょろっと。
随分間が空いた割に進展がないのは全て私の責任です。
どうぞ好きなだけ面罵して下さい。午前中は居ますので。

それでは会場にてお会いしましょう。

| コメント(0) | トラックバック(0)   このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

「バスに乗り遅れるな」なんてフレーズ、私が生きてるうちに
実際に耳にするとは思ってもいませんでした。
忌まわしい記憶が風化してしまうにはそれほど時が要らないのか、
また『それ』を忌まわしいものと思う私の感覚が異常なのか。
正直よく分かりません。ただ、腑に落ちません。

『太平洋戦争と新聞』(前坂俊之著・講談社学術文庫)を読んでいると
現代とオーバーラップして色々と泣きたくなります。
私がジャーナリストだったら、たぶん彼らと同じ行動を取ったろうと
思ってしまうから尚更。「正しくある」ことって難しいですね。


それはさておき、冬コミ当選しておりました。
トップページにも載っていますが土曜日、東フ-56aです。
なんていうか...すごく...大晦日です...。

| コメント(0) | トラックバック(0)   このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

震災の教訓もあってか自転車通勤が昨今流行だそうで、近所でも
朝からスーツ姿のサイクリストを見かけるようになりました。
なんとなく羨ましくなって、自分も自転車通勤をしてみようかと
思考実験してみました。

通勤距離:約20km
 大変ですが無理って程じゃありません。着替えは必須ですが。
通勤時間:約1時間
 実は電車通勤の今と変わりません。勤務先が駅から遠いので。
通勤体力:??
 たぶんなんとかなる、ハズ。

「なんだ、意外といけるんじゃない?」と思った数時間後。
それが単なる思いこみに過ぎないことに気付きました。

行きはともかく、帰りは夜道じゃないか...。
夜の幹線道路を毎日20km爆走とかどう見ても死亡フラグです
本当に(ry

そんなわけで私の自転車通勤計画は水泡に帰しました。
どっとおはらい。

| コメント(0) | トラックバック(0)   このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク

震災の教訓もあってか自転車通勤が昨今流行だそうで、近所でも
朝からスーツ姿のサイクリストを見かけるようになりました。
なんとなく羨ましくなって、自分も自転車通勤をしてみようかと
思考実験してみました。

通勤距離:約20km
 大変ですが無理って程じゃありません。着替えは必須ですが。
通勤時間:約1時間
 実は電車通勤の今と変わりません。勤務先が駅から遠いので。
通勤体力:??
 たぶんなんとかなる、ハズ。

「なんだ、意外といけるんじゃない?」と思った数時間後。
それが単なる思いこみに過ぎないことに気付きました。

行きはともかく、帰りは夜道じゃないか...。
夜の幹線道路を毎日20km爆走とかどう見ても死亡フラグです
本当に(ry

そんなわけで私の自転車通勤計画は水泡に帰しました。
どっとおはらい。